oh! my ブログ

もう5回目くらいだけど、青森市の青木淳氏設計の「青森県立美術館」に行って「あおもり犬」に会ってきた。

Pocket
LINEで送る

青森市に来たら毎回行っている青木淳氏設計の「青森県立美術館」へ行って来た。

もう5回目くらいだけど、好きな空間なので。

今回は新幹線で来ているから初めて車ではなくバスで行って来た。

 

上下の凸凹によって生まれる特殊な空間

10592933_780289968690415_3874210277473402002_n

三内丸山遺跡の隣の敷地に佇む青森県立美術館。

遺跡に見立てたトレンチと上からホワイトキューブを噛み合わせた構成で、偶発的に表れるその隙間になるところに作品が展示されているような形をデザインして従来のホワイトキューブではないサイトスペシフィックな展示室の美術館を目指している。

P1030681

外観はカーテンウォールで煉瓦を白く塗装した仕上げで内装も同じで差異なく表現している。

P1030683

トレンチ側は土のような仕上げでこちらも内部も外部も続いている。

実際にはある程度限定されるが、ある意味では順路みたいなものを感じさせない自由さが良いところでもある。

10498520_780290245357054_6526549248316171752_o

外部のトレンチのみの場所に出るとコンセプトがわかりやすい。

10457360_780290165357062_2246100727816850883_o

「あおもり犬」の近くまで行くことができる。

 

青森県出身の作家作品がたくさん

シャガールなど有名作品もあるけど、「あおもり犬」の奈良美智や棟方志功、寺山修司など青森出身のアーティストの作品を所蔵していて独自の展示を楽しむことができる。

 

冬だと雪景色との調和が美しい

P1040672

数年前に冬に訪れたときの光景。

夏より冬の方が綺麗かも。

P1040677

照明も冬の方が映える気がする。

P1040674

哀愁漂う雪化粧の「あおもり犬」。

 

カフェやショップもいい感じ

IMG_3232

お腹が空いたので館内のカフェでカレーを食べる。

青森らしくりんごが入っていて美味しい。

 

青森県立美術館はオープンして数年経つが、是非行ってほしい。

この美術館のために青森に来てもいいくらいだと思う。

僕の最もお気に入りな美術館の一つで、ランドスケープとの調和も素晴らしくてオススメです。

 

青森県立美術館

住所 : 〒038-0021 青森県青森市安田字近野185
WEBサイト : http://www.aomori-museum.jp/

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

2014-08-06 | Posted in 建築・都市, 青森, 旅行 |キーワード : No Comments »  | 276 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。