oh! my ブログ

もう3回目くらいだけど、街に溶け込む美術館。十和田市現代美術館に行ってきた!

特に用事はなかったのだけど、十和田市現代美術館の向かい側の公園もアートスペースになったみたいなので行って来た。

八戸から車で1時間30分くらい。

十和田市官庁街通り沿いにある。

十和田市現代美術館

 

十和田の街に開かれた美術館

P1040748

住宅のようなスケールの独立した「ハコ」の展示室が整頓されずランダムに配置され、それがガラスの回廊で繋いである。

P1040749

展示室自体も道路側が大きなガラス貼りになっているため、歩道からも展示を楽しむことができる。

もちろん建物となっている場所もいいのだが、「ハコ」と「ハコ」の間に空間は公園のように都市に開放されていてリアルに街に開いている感じがする。

P1040751

色々なスケールの広場があって美術館と街のつながり方が興味深い。

 

屋外にもアート作品がある

P1040755

入り口付近の広場にはチェ・ジョンファ氏の「フラワー・ホース」 がある。

他にも一つの広場に対して1個とか常設の展示がしてあって街自体がある意味で美術館と化している。

 

新進気鋭の現代アーティストたち

小振りな美術館で作品数としては少ないかもしれないが、ロン・ミュエク、栗林隆、ジム・ランビーなど他の新しい美術館でも展示されている注目のコンテンポラリーアーティストの作品が常設されている。

なので、どっかしらの美術館やギャラリーで目にした作品があると思う。

 

NYでも観た「スゥ・ドーホー」の作品がある

P1040593

最初何となくみたことあるなと思ってて、気付かなかったけど数年前にニューヨークのチェルシーにあるギャラリーで観た「スゥ・ドーホー」の作品だった。

綺麗だったからデスクトップの壁紙にしてたのに(笑)

 

向かいのアート広場にもアート作品が

美術館向かいの公園「アート広場」にもアート作品やストリートファニチャーがいっぱいできていた。

578405_375513422501407_1465835145_n

独特な水玉模様はやっぱり「草間彌生」の作品。

直島でも観た、定番の「かぼちゃ」もあってここにはきのこも。

303346_375513309168085_1872045504_n

こっちはドイツの4人組みのアーティスト集団「インゲス・イデー」の作品。

白いから雪が積もってる風景が綺麗そう。

 

ライトアップが綺麗

559595_375512899168126_467449813_n

夜になるとカラフルなライトで演出されている。

「高橋匡太」というアーティストの作品でもあるらしい。

536655_375512022501547_895306383_n

ライトの色が変わる。

季節や企画展とかのイベントごとにも違うんだってさ。

530281_375512982501451_1102528107_n

展示室がショーケースのよう。

 

十和田市現代美術館

住所 : 〒034-0082 青森県十和田市西二番町10−9
電話 : 0176-20-1127
営業時間 : 9時00分~16時30分

コメントを残す

2014-07-29 | Posted in 建築・都市, 青森, 旅行 |キーワード : No Comments »  | 261 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。