oh! my ブログ

地球の歩き方にも載ってない!インド旅行の最大の目的地!ル・コルビュジェが設計した都市チャンディーガルを訪問。

Pocket
LINEで送る

デリーに着いたらすぐ(と言っても色々トラブルあったんだけど…)ニューデリー駅から列車で北へ約240Kmのチャンディーガルへ。

このチャンディーガルへ行きたいからインドへの旅行を決めたと言っても過言ではない。

学生のときからいつかは行きたいと思ってたんだけど、インドって歳とると厳しいかなと思って今のうちに行っておこうと。

GAの特集観て喚起させられていたので、改めて!

1688152_732265996826146_8029583799317301834_n

 

ル・コルビュジェが都市計画

1950年からル・コルビュジエが都市計画を行い、混沌としたインドの都市のイメージとは対象的にいかにもモダニズムっぽい(厳密に言うともっと前からあるけど)グリッド状(碁盤の目)に構成されている。

分割された地区をセクターとしてそのセクターの中だけで生活できるようになっていて、それぞれにマーケットもあるように計画されている。

セクター1をはじめとする市内には多くのル・コルビュジエ設計の建築が点在している。

多くの建築家、都市計画家からは20世紀の都市計画の失敗例として挙げられるが、インド人の間では「美しい都市」として有名。

IMG_7131

スクナ湖脇にはあの「オープン・ハンド」を型取ったオブジェがあってコルビュジェの街だなって感じ。

「ロンリープラネット」には載っていて、何故か「地球の歩き方」にも載ってないけど、載ってもいいような場所なんだけどね。

日本では一般の人が現代、近代建築に関心ないからなのかな…

「チャンディーガル」行って来たって言っても「は?」みたいな感じだし。

 

まずはバスターミナルへ

この街は歩いて回るのは無理なので駅でタクシーの運転手と交渉して大体2000円くらいで1日回ってもらうことに。

チャンディーガルは全然情報がないのでバスターミナルの2階のツーリストオフィスでどの建築がどこにあるかを聞く。

IMG_7191

ちなみにこのバスターミナルはコルビュジェの従兄弟にあたるピエール・ジャンヌレが設計。

ピロティとかコルビュジェっぽい。

このバスターミナルのあるセクター17あたりがチャンディーガルの中心街らしく、商店やレストランが多くあります。

 

運転手に進められてスクナ湖へ

IMG_7132

チャンディーガル市民の憩いの場所らしく多くの年代の人々で賑わう。

このスクナ湖の脇の会員制ヨットハーバーのクラブハウスはコルビュジエ設計なんだけど、会員制なので観られない。

IMG_7129

建築見る前にインドっぽいことをと思い、その辺でチャイを飲む。50円くらい。マジ美味い!

 

次はついにコルビュジェ建築の集まるセクター1へ!

IMG_2935

IMG_2936

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。